総二階建てのメリット・デメリット




私たち夫婦の建てる総二階はこちら↓
ど田舎のマイホームづくり こだわりの間取り完成
マイホームづくりでコスト削減したこと

総二階とは

総二階建てとは、1階と2階の面積がほぼ等しい建物です。

ダサいというイメージが先行してると思いますが、
デザインを凝ればお洒落な家も建てることも可能です。

そしてメリットもたくさんあるので、コスパはいいと思います。
まさにシンプル ザ ベストってことですね!

メリット

・建築費用が抑えられる
総二階建てを選ぶ人の多くがこの理由ではないでしょうか?
凹凸などがなく構造がシンプルなためコストダウンができます。

・建築面積・屋根面積を小さくできる
1階2階がほぼ同じ面積のため、同じ延床面積でも総二階建ては建築面積は小さい。
その分土地も小さくすみ、コストダウンができます。


・耐震性が高い
1階2階の形にも差が少なくシンプルな作りのため、
地震の力が一部に偏ることはない。

・断熱性が高い
外気にふれる面積がおおいほど断熱性は下がります。
こちらもシンプルだからこそのメリットですね。

・雨漏りしにくい
雨漏りは屋根からだけでなく、継ぎ目などからも侵入してきます。
凹凸の少ないシンプルな形だからこそ雨漏りもしにくくなります。

デメリット

・デザインを凝ると建築費は高くなる
当たり前ですが、凝れば凝るぶん建築費は高くなります。
そうなると総二階のメリットが意味なくなりますね…

・デザインのレパートリーが少ない
箱型の家なので、
デザインのレパートリが少なく似たような家になってしまう。

1階の面積が少ない
1階の面積が少ないってことは、1階に作りたい部屋を2階にしなくてはなりません。
例えば、クローゼットなどの収納や寝室など。
老後2階への上り下りは大変です。

タイトルとURLをコピーしました