ど田舎のマイホームづくり こだわりの間取り完成


マイホームづくりで一番楽しみだったのが間取り。

少しでも住みやすい(後悔のない)家にしたくて
間取りの打ち合わせは10回近くしたと思います。

新築ってこんなお金かかるんだ!って改めて思ったのもこの段階でした。
40坪の予定でしたが予算の都合で35坪まで小さくなることに。

妥協もしましたが、いい間取りが出来ました!

完成間取り

延床面積 36.24坪(120.08㎡)
1階床面積 22.25坪(73.70㎡)   2階床面積(46.38㎡)

建築面積 22.75坪(75.36㎡)

1階の内訳

・玄関 1畳   ・玄関ホール 2畳   ・トイレ 1畳   ・洗面所 1畳 
・LDK 18.5畳   ・和室 6畳   ・書斎 3畳   
・サンルーム 3畳   ・脱衣所 2畳   ・お風呂 2畳

2階の内訳

・寝室 7.5畳   ・ウォークインクローゼット 3畳
・子供部屋(将来半分に仕切る予定) 9畳
・屋根裏部屋 6畳

こだわりポイント

①書斎の位置
まず1番最初にもつ子さんに交渉しました。趣味部屋は絶対、絶対欲しいと。
僕の趣味は釣りなので、釣り道具を自由に運べるよう玄関近くに配置しました。

②洗面所
脱衣所と洗面所は別に。実家に住んでる時、
お風呂に誰か入っていると洗面台が使えないことがとても不便でした。

③家事動線
キッチン→脱衣所→サンルーム→和室で畳む。
理想は青色の動線が直線でしたが、この家事動線には満足しています。

④脱衣所
脱衣所は2畳と小さめですが、
洗面台を別の場所に移動したことにより少しスペースができました。
そのスペースを利用しタオルや部屋着を入れる収納棚を設置予定。

⑤サンルーム
ウッドデッキでは雨天時や冬場は乾きにくく、
花粉の時期は外で干したくないのでサンルームにしました。

⑤リビングに大容量の収納
リビングに物が溢れないよう、0.5畳の収納と1畳の収納の2つを設置。
コンロの背後には可動式のパントリーを設けました。

⑥リビング横に6畳の和室
子供の遊び場として、来客用の客間や寝室。
将来、親が一人になった時には和室で住んでもらおうかなって思ってます。

⑦エアコンを隠蔽配管で室外機を目立たない裏へ

⑧一階の扉を全て引き戸に。

⑨屋根裏部屋で収納場所の増加

妥協したところ

①総二階
総二階にしてコスト削減した分、外観を犠牲に。

②玄関
土間やファミリー玄関をなくし、玄関は1畳とかなり小さめ。

③トイレ
価格の高いタンクレスと2階のトイレは諦めました。

④子供部屋
子供部屋が必要な時間は少ないため、4.5畳と小さくしました。

タイトルとURLをコピーしました